排尿時に痛いと感じる包茎手術を受けるべきか

包茎手術をしたいと思う男性は多いです。コンプレックスが解消されるのであれば、多少お金がかかったとしても、思い切って手術を受けるべきだと考える人は多いです。ただお金がかかる以外にも、包茎手術を受ける際には、色々と考えなければならない事項というものがあります。その一つが、包茎手術に伴い、排尿時に痛いと感じてしまうことです。

しかもこれは、深刻な悩みともなります。何故なら男性の場合、一般的には女性よりも痛いという感情に対して弱いと言われており、ただでさえちょっとした痛みでも、「痛い」「痛い」と普段の日常生活の中で口にする男性達にとってはまさに死活問題となるからです。

だからといって包茎手術を受けないという選択をすべきではありません。何故なら包茎手術後の排尿時の痛みという悩みは、少しの期間我慢さえすれば、必ず元通りに治るからです。ちょっとした勇気と耐える覚悟を持つべきで、誰でも乗り越えられます。

包茎手術後の排尿時に痛みを感じないようにするコツ

それでは具体的にどのようにすれば、少しでも包茎手術後の排尿時の痛みを軽減させることができるのでしょうか?まず一般的に排尿をする時に人は力を入れてしまいがちだということです。しかしただでさえ手術後で普段よりダメージを受けているのですから、無理して力を入れるべきではありません。

痔をイメージして下さい。ふんばって力を入れて排便しようとすれば、肛門がますます痛くなってしまいます。要は排尿もこれと同じ理屈なのです。力を入れずに、リラックスして排尿しようとする意識と姿勢が大切です。そうはいっても男性の場合、個室ではなく不特定多数と同じ空間で便器を利用して排尿することが一般的ですから、急ぐあまりついつい力を入れてしまうということもあるでしょう。

その場合は無理せず、空いている時ならばあえて個室に入ってゆっくりと排尿するというのも、一つの方法です。自分に無理のない範囲で、辛い包茎手術後を乗り切っていきましょう。

まとめ

包茎手術というのは、とにもかくにも男性の身体に大きな変化をもたらすものです。しかしせっかく勇気とお金を出して受けるからには、少しでもデメリットは減らしたいと思うべきです。排尿というのは日々の生活に欠かすことのできない活動の一つですので、避けて通ることはできません。少しでも排尿の方法を工夫するなどして、一日も早い回復をしていくべきです。もちろん周りの協力も、必要に応じて得ていくことも大切と言えるでしょう。