最近の包茎手術は無痛で行われるのがほとんどです。麻酔もテープなどを利用して数段階に分けて行われるので、本当に痛みを感じることが少なくなりました。ただしそれは麻酔が聞いているからで、実際に切除や縫合が行われたところは、違和感や痛みが発生する恐れがあります。

術後に痛いと感じたら状況に応じて対応が必要となります。包茎手術だから誰にも言えないと我慢してしまうと取り返しのつかないことになることもあるので注意しましょう。医療機関によっては、痛み止めや局所麻酔のゼリーを用意してくれるところもあります。我慢する必要はないので、状況に応じて使いましょう。

包茎手術の術後すぐに痛い場合

包茎手術が終わってから2から3時間程度経過すると、麻酔が切れて痛いと感じるようになります。これは手術を受けたところが、敏感になっているから当然のことです。包茎手術は包皮の余分な部分を切除することで亀頭を露出させる手術です。切ったところは切り傷と同じ状態で、痛みを感じます。

しっかりと縫合しているので、出血はありませんが熱く感じたり、多少の腫れや脈動を感じることもあるかもしれません。手術の患部はしっかりと落ち着くまで違和感を感じます。気になるようであれば処方された痛み止めを飲んで様子を見ます。

血流が激しくなると余計に痛みを感じることがあります。これは患部が熱を持つからで、平常に戻れば感じなくなります。術後は安静にして激しい動きや興奮するようなことをしないように注意しましょう。

患部が落ち着くことでだんだんと痛みは減っていきます。なかなかなくならない時やどんどん痛いと感じる程度が増えるようなら、医療機関に相談した方が良いでしょう。

術後すぐの麻酔が切れただけの状態であれば、心配する必要はありません。痛み止めを使って、しばらく安静にすれば落ち着いてくるはずです。痛みを助長するのでアルコールや辛いものの摂取も控えましょう。

包茎手術の術後の痛みで注意が必要な場合

包茎手術は包皮を切除するため、切除面が剥き出しになります。排尿などによって不潔になることが多い場所だけに、感染症などのケアが必要です。万が一雑菌が患部に入り込んだりすると炎症を起こしたりする恐れがあります。そのため化膿止めの目的で抗生物質が処方されます。特に痛みがないからと飲まないと、患部が膿んで大変なことになります。必ず処方された量を飲み切るようにしましょう。

患部を保護する目的で包帯が巻かれますが、出血によって固まっている恐れがあるので、勢いよく取らないように気にしなければいけません。無理やり剥がすことで表面が裂けて、悪化することも考えられます。外しながら痛いと感じるようなら少し手を緩めてゆっくりと外します。

イスや自転車のサドルが当たって、傷口が開くこともあります。患部を圧迫するような体勢になったり、ぶつけないように注意しなければいけません。万が一ぶつけてしまって、患部が開いてしまうようなことになったら、すぐに医療機関を受診しましょう。とても血流が多い部分なので、出血が多くなる恐れがあります。出血が止まらないなどのトラブルは、緊急性が高いと記憶しておいた方が安心です。

包茎手術の術後で重大なトラブル

包茎手術の術後で最も怖いのは、化膿してしまことです。一度悪くなると自然治癒できないケースもあり、最悪の場合は壊死してしまい除去しなければこともあります。そうなる前に対応が必要となるので、早めの受診を心がけましょう。

このような状態になるまでには痛いと感じる以外にも、見た目の変化もあります。黒くなっていたり、今まで自分が見ていた状況と少しでも異なるようなら、疑った方が良いでしょう。

出血が止まらないことも重大なトラブルにつながる恐れがあります。通常は患部にかさぶたができて、しばらくして落ち着きます。一度しっかりついてしまえば外傷を受けない限りは安心です。いつまでたっても出血が治らない原因は、擦れていることや患部がうまく融着しないことが考えられますので、手術した医療機関に相談してみると良いでしょう。

また治療後に突っ張っている感覚を感じることもありますが、かさぶたが出来上がって収縮していることや縫合している糸が邪魔していることが一般的です。縫合している糸がなくなった後でも違和感が消えないようなら、想定とは違う状態になっている恐れもあるので、一度診察を受けることをお勧めします。

まとめ

包茎手術は侵襲的なものなので、トラブルを受けやすいのは仕方がありません。細心の注意をしていても、不慮の事態は発生します。あとはトラブルをどれだけ早く解消できるかが重要です。気になることがあれば放置せずに、相談することを覚えておきましょう。

包茎手術は、他に受けた人が周りにいるかどうかも知る方法がありません。相談できるのは医療機関だけになることが多く、アフターケアがしっかりしているところを選ぶこともリスク低減につながります。術後はすぐに連絡ができるように、常に手元に連絡先を持っておいた方が良いでしょう。